本文へジャンプ
トップページ倉敷市教育委員会トップページ文字サイズ変更
文字を拡大する文字を標準にもどす文字を縮小する
背景色変更

研究

研究主題
 「自分の考えをもち、主体的に学び合う子どもの育成」
   ~伝え合いを大切にした算数科の授業を通して~

<研究主題設定の理由>
 本校では,「自分の考えをもち,主体的に学び合う子どもの育成~伝え合いを大切にした算数科の授業を通して」を研究主題に,平成30年度より算数科の研究に取り組んでいる。
 昨年度は,「伝え合い」に重点を置き,児童の主体的な話合いによって学習を深めることができるような学び合いを考えながら授業改善を行ってきた。学年ごとに「めざす児童像」をはっきりさせ、説明の仕方を繰り返し指導したことで,教室全体に聞こえる声の大きさで各学年のめざす説明の仕方で,自力解決の時点での「たぶん分かった」を「確かにわかった」に深めることができた。友達と同じ意見でも自分の言葉で伝えようとする児童が増えた。しかし,児童からこちらが意図した発言が出ないときに,同じことを繰り返し言ってしまうことがある。また,少人数での学習のため,多様な考えは出にくく,話合いの深まりに課題もある。自力解決では,全員の児童が鉛筆をすらすらと動かす姿が理想としていたが,個別支援が必要な場面もあった。手がとまっている子につきっきりになってやりとりをしてしまうことが多くならないようにする必要もある。
 そこで本年度は,昨年度してきたことに加え,教師が待つことや児童の発言をつなげ,広げるような発問も考えていきたい。また,全員の児童が「伝え合い」ができるように,自力解決では,どのようなつまずきがあるか,それに対してどのような言葉かけをすればよいかをより具体的に考えていきたい。「分かる喜び」や「できた達成感」などの学びの手ごたえを感じ,次時の学習や家庭学習,さらには他教科等,次の学びに活用していくことができるように,さらに研究を積み重ねていきたいと考え,本研究主題を設定した。

<年間計画>
実施時期       研 究 内 容
 4月    研究テーマの検討と年間計画 研究内容について
 6月    公開授業・授業反省会 にこにこ学級
     公開授業・授業反省会 6年「文字と式」
 7月  公開授業・授業反省会 3年「わり算」
 9月  公開授業・授業反省会 2年「計算のしかたをくふうしよう」
10月      公開授業・授業反省会 3年「わり算や分数を考えよう」
 2月  研究のまとめと反省・研究集録の分析
 3月      次年度の研究の方向付け