本文へジャンプ
トップページ倉敷市教育委員会トップページ文字サイズ変更
文字を拡大する文字を標準にもどす文字を縮小する
背景色変更

倉敷市立連島東小学校

連島東小の教育

学校教育目標
     心豊かに たくましく生きる 子どもの育成
 

めざす児童像


「元気で 仲よく がんばる子」
     (あいさつ・外遊び・そうじ)

 

めざす学校像      


  真剣に学習     「伸びる学校」
  生き生きと活動   「楽しい学校」
  安心・安全と健康な体「安心・安全な学校」
  品位と節度     「美しい学校」
 

学校長

   重松 啓司

学校経営目標



子ども一人一人の実態を捉え,保護者や地域や教職員のつながりを大切にしながら、学校教育目標の実現を図る。

〇R4年度は,次の四つの視点を教育の重点として掲げ教育活動に取り組む。

 Ⅰ 居場所づくり…かかわりの重視と心の育成

 Ⅱ 学力向上…けじめのある学校生活と学ぶ意欲・確かな学力

 Ⅲ 基本的な生活習慣の改善…スイッチONの状態にする

 Ⅳ 様々な人がかかわる開かれた学校づくり…連携・協働


 

特色ある教育(泣菫教育)

 地域の産んだ偉大な詩人であり随筆家の薄田泣菫(すすきだきゅうきん)を題材にした教育活動に取り組んでいます。総合的な学習の時間で泣菫の業績について調べ,新聞や冊子にまとめたり,泣菫の作品を朗読する朗読会を開催したりしています。11月には泣菫の「なつめ」の歌を全校で歌い,作品に親しんでいます。