本文へジャンプ
トップページ倉敷市教育委員会トップページ文字サイズ変更
文字を拡大する文字を標準にもどす文字を縮小する
背景色変更

倉敷市立中島小学校

 

沿革

校区について

中島小学校は、昭和44年に中洲小学校から分離独立した比較的新しい学校です。しかし、もともと学区には明治6年から大正期にかけて 51年もの間中島小学校が続いてきていた経緯があり、地域の人にとっては新設校というよりも復活という受け止め方が強いようです。学校内には、旧中島小学校にまつわる古い品物が保存されており、伝統を物語っています。
かつては、広い水田や砂地を活用したゴボウ栽培の畑が多く見られましたが、近年宅地化が進み耕地は減少しています。それに伴って人口が急増し、学校は大規模化しました。保護者をはじめ学区民の教育に対する関心は高く、学校に対して大変協力的です。

学校の歴史

1969/04
1970/01
1970/08
1971/01
1972/02
1972/03
1973/02
1974/03
1974/07
1975/09
1977/04
1978/11
1980/03
1981/01
1982/01
1982/03
1983/01
1983/01
1983/10
1983/11
1984/01
1985/01
1985/10
1986/11
1988/11
1989/01
1991/03
1994/06
1995/04
1996/01
1997/01
1997/03
1998/04
1998/10
2001/04
2002/06
2005/11
2006/03
2007/03
2007/08
2008/11
2009/03
2010/02
2010/03
2010/04
2010/09
2011/04
2011/07
2011/11
2012/03