本文へジャンプ
トップページ倉敷市教育委員会トップページ文字サイズ変更
文字を拡大する文字を標準にもどす文字を縮小する
背景色変更

倉敷市立箭田小学校

学校経営方針

ことし取り組むこと

「地域に愛され,一人ひとりの児童が生き生きと輝く,
                     明るく活気に満ちた学校づくりを推進する」
     

① 全ての児童が「分かった」「できた」を実感できる学習指導の充実
 ・ 「岡山型学習指導のスタンダード(増補版)授業改善,『一歩先へ!』」を基本として,
  「対話的な学び」に重点を置いた授業改善を行い,思考力・判断力・表現力等を育てる。
 ・ 「スキルタイム」,「ばっちり検定」,「パワーアップタイム」の取組等により
  基礎基本の定着を図るとともに,低位層の児童の底上げを図る。
 ・ 学力向上のツールとして,タブレットやデジタル教科書等ICTの効果的な活用の推進を
  図る。
② 児童の自己肯定感を高める取組や豊かな体験の充実
 ・ PBIS(ポジティブ行動支援)の視点を取り入れた教育活動や豊かな体験活動の充実を
  図り,児童の自己肯定感を高め,自己表現力や活力を育む。
 ・ 体験活動における「振り返り」の場の充実等により,自己肯定感を育み,集団への
  参画意識を高める。
 ・ さわやかあいさつ(いつでも,どこでも,だれとでも気持ちのよいあいさつ)の習慣化を
  図る。
③ 生涯にわたる健康・安全・体力の基礎づくりの充実・防災マニュアルや防災教育
 年間指導計画の見直し等、自然災害に備えた指導の充実を図る。
 ・ 防災教育に関する職員研修の充実を図り,防災意識の向上を図るとともに,西日本豪雨の
  被災時の知見を風化させない取組を行う。
 ・ 被災を念頭に置いた児童の心身の実態把握を行い,きめ細やかな心のケアを継続する。
④ 好ましい人間関係づくりを基礎とした生徒指導の充実・支持的風土,共感的な人間関係を
 基盤とした集団づくりを行い,問題行動の未然防止を図る。
 ・ 異学年児童相互の心が通い合う,縦割り班活動を行う。
⑤ 人間尊重の理念に根ざした人権教育の充実・支援や配慮を必要とする児童を中心に据えた
 学級づくりを行う。
 ・ 障がいのある人や高齢者などに関わる人権課題を扱い,多様性を認め合う力を育てる。
⑥ 一人ひとりのニーズに合った特別支援教育の充実・個々の児童の特性を正しく把握すると
 ともに個に応じた指導・支援を行う。
 ・ ユニバーサルデザインの視点に立った授業及び教室環境づくりを行う。