本文へジャンプ
トップページ倉敷市教育委員会トップページ文字サイズ変更
文字を拡大する文字を標準にもどす文字を縮小する
背景色変更

倉敷市立箭田小学校

研究

令和2年度 箭田小学校校内研究の概要


 1 研究主題
         主体的に学び合う力を育てるために
        ―国語科 説明文の指導を通して―


 2 主題設定の理由
   本校では「自ら学び,人・物・自然を大切にする心豊かな子どもの育成」を学校教育目標とし,児童像を「元
  気な子ども,思いやりのある子ども,すすんで学ぶ子ども」に設定して教育活動に取り組んでいる。この児童像
  は,まさに時代の要請する健やかな体,豊かな心,確かな学力の調和を重視した「生きる力」を育むことに通じ
  るものである。すなわち,本研究主題の「主体的に学び合う力を育てるために   ―国語科 説明文の指導を
  通して―」は,本校の学校教育目標を具体化するために重要な取り組みであると考える。

3 めざす子ども像
  (低学年)書いてあることを正確に読み取ることができる子ども
  (中学年)叙述を基に段落相互の関係をとらえ、自分の考えをもったり、表現したりする子ども
  (高学年)叙述を基に文章全体の構成をとらえ、対話を通して、自分の考えを広げたり、深めたりする子ども

4(1)「主体的に学び合う」とは
  ① 「何ができるようになりたいのか」といった学習のゴールを見通した学習計画を立て,一人一人が主体性を
   発揮しながら学習活動ができる。
  ② 対話を通して学び合い,高め合って,学習課題に向かって課題追及をしていくことができる。
  ③ 言葉や動作・表情を通して自己表現することができる。達成感や満足感をもち新たな課題に向かっていく
   ことができる。
 (2)「論理的思考力」とは
  ① 「比べる・分類する・結びつける・まとめる」などの方法を使って,二つの事柄のつながりや関係性を
   正しく認識する力
  ② 「主張」「データ」「理由づけ」の三者の関係を明らかにしていく力
  ③ 本文の言葉や意味を根拠として,自分の思いや考えを筋道を立てて相手に分かりやすく伝える力