本文へジャンプ
トップページ倉敷市教育委員会トップページ文字サイズ変更
文字を拡大する文字を標準にもどす文字を縮小する
背景色変更

倉敷市立玉島東中学校


校長メッセージ

◎令和3年1月20日(水)
 玉島東中の先輩
 器楽堂ゆう子さん 新著「うたた良寛伝」

 器楽堂さんは、昨年も「ゆるり良寛さん」という良寛さんの
 本を書かれました。
 1月20日に2冊目となる「うたた良寛伝」を出版され、
 母校玉島東中へも寄贈していただきました。前作からさらに
 良寛さんのイメージが広がる物語的な内容のようです。
 挿絵はお母様が描かれています。
 玉島ゆかりの良寛さんです。読んでみてください。
 


◎令和3年1月25日(月)
 玉島東中の先輩
 石井大輔さん AI起業家
 
石井さんは、現在東京でAI関連企業を起業され、人材育成
 のため、AIプログラマーの研修会を主宰もされています。
 先日は、ネットのTV番組に出演され、AIの今後について
 乙武さん(五体不満足)や大学教授らと討論されていました。
 また、コロナ対策で効果的なマスク管理システムを築いた
 台湾のIT相オードリー・タン氏との単独インタビューも
 実現されています。

  石井大輔さんの新著「コロナvs.AI」
 
石井さんの新著は、最新テクノロジーで感染症に挑むと
 いう内容の「コロナvs.AI」という本です。
 巻末には、前述のオードリー・タンとの対談も掲載され
 ています。
 
 
 また、12月には、
石井大輔さんが、ご自身の勉強した本
 から、中学生でも何とか読めそうな??本を寄贈してくだ
 さいました。AIプログラマーや数学に興味のある人は読んで
 みてください。
  


◎令和2年12月8日(火)

 ホワイトウインター巻頭のあいさつ・・・PDFで
 
  ホワイトウインターの巻頭で
 良寛さんについて書きました。
 皆さんの知らない面があるかも
 しれません。お読みください。

◎令和2年11月12日(木)
 サイザル麻の花が咲いていました
 玉島東中のプールの周りに、サイザル麻という奇妙な
 植物が自生しています。葉の周りに鋭い歯やとげがあり、
 近づきにくい植物です。
 メキシコ原産で、熱帯では大きく育ち、繊維はとても
 強く、ロープやかご、敷物などに加工されます。
 (調べたら分かりました)
 真ん中から、とても固い芯が伸びて、白く大きいですが
 ほろほろともろい花を11月ごろ咲かせます。
  

◎令和2年10月12日(月)
 第74回体育会
 晴天に恵まれ、12日に体育会が実施できました。
 3年生の男子(女子)がかぶっている帽子はデザイン
 が1・2年生から変わっています。特に3年生の男子
 の帽子は船乗りさんを養成する学校のデザインを基に
 していると聞きました。マストに登り、狭い船の通路
 をすれ違うために、つばが短くデザインされたと聞き
 ました。北前船から商業港として栄えた玉島を象徴し
 た、海の男のイメージの帽子だったと思います。
 素材は綿で、長く採用されてきました。
  


◎令和2年9月25日(金)
 玉島東中卒業生
 石井大輔さんの新刊
が出版されています。
 「現場のプロが伝える
    前処理技術」
というAIエンジニアに向けた
 本を共著で出版されました。玉島東中に寄贈して
 いただきました。さらにご活躍ください。
  
 

◎令和2年9月13日(日)
 溜川の環境に関する講演会
 玉島市民交流センターで溜川流域の環境問題に
関する講演会がありました。その講演の中で、
昭和の初めまで玉島港と高梁川をつなぐ「高瀬通し」
という運河があったと説明がありました。
 今は埋め立てられてしまった水路を高瀬舟が、備中
松山藩など高梁川水系の産品を玉島に運んでいたと
いうことは大変興味深いです。特に越後長岡の
河井継之助の映画「峠」の完成に関係して、山田方谷
が注目されており、方谷が開発した備中松山藩の産品
を運んでいたという高瀬舟や北前船への想像もふくら
みます。
 (地域連携のページに関係の写真を掲載)

◎令和2年7月31日(金)

 ビッグサマー巻頭のあいさつ

◎令和2年7月7日(火)
 今日は七夕です。笹に願いを込めて星空
を眺めるというのが本来でしょう。しかし、
2年前の西日本豪雨と同じような被害が熊本県
で発生しています。玉島も連日激しい雨が降り
続いています。
 生徒の皆さんは1学期末考査に取り組んで
がんばっています。3年生は俳句の勉強も
していますね。

「荒海や佐渡に横たふ天の川 芭蕉」

松尾芭蕉は、越後(新潟県)の出雲崎に宿をとり
荒波の立つ日本海を眺めています。黒々と
見える佐渡島の島影の上の夜空に銀河が
横たわるようだ、と詠みました。奥の細道の
名句です。

出雲崎は良寛さんの出身地です。良寛さんの
お母さんは佐渡島出身でした。良寛さんは
芭蕉を尊敬し、自らも多くの俳句、短歌、漢詩
を残しています。七夕につながる、荒海や~の
芭蕉の俳句のイメージは、良寛さんを通じて
玉島円通寺につながります。


◎令和2年6月1日(月)
3月から約3か月にわたって、臨時休校や
分散登校を繰り返してきましたが、6月1日
から全校生徒が登校できて、通常の授業に
近づきました。まだまだ、感染対策で制限
がある学校生活ですが、早く身体を学校
モードに慣らしてほしいと思います。
特に1年生は、やっと新学期がスタートした
という感じです。がんばってください。


◎令和2年4月29日(水)
感染症対策で臨時休業が続いていますが
玉島東中の中庭の花々が美しく咲いて
います。特に藤棚の藤がきれいに咲いて
います。ハナミズキも咲いています。
長引く休校で悩みや困ったことがあれば、
家族や先生に相談して、一人悩むことの
ないようにして乗り越えていきましょう。
1日も早く、生徒の皆さんが笑顔で登校
できることを願っています。
 
 

◎令和2年4月10日(金)
1年生が入学しました。分散登校で
2年生は家庭学習でしたが、3年生
は受付や誘導の係で登校していまし
た。新入生の入学がうれしいという
表情があふれていました。
式辞には、良寛さんのエピソードを
話させていただきました。

校長式辞・・・PDF

引用した良寛さんの漢詩・・・PDFでご覧ください

◎令和2年3月13日(金)
3年生が立派に卒業されました。
ご卒業おめでとうございます。
コロナ対策で、来賓・在校生は参加
できませんでしたが、会場準備や飾り
つけなどで在校生は先生方と協力し、
卒業生に思いを寄せていました。


◎令和2年2月6日(木)
2年生の立志行事で、備前市の
「伊部つながりの森」で備前市の
森の植林の状況を学びました。
備前焼の燃料は、「松」がよい
ので、松を植林しているそうで
す。ヒノキも建材として植林さ
れていて、記念品として薄い
輪切りにしてもらいました。
太陽に透かしてみると、きれい
な肌色の樹液が満ちていました。
ヒノキの芳香と命のエネルギー
を感じました。木は生きていま
した。


◎令和元年11月20日(水)
山路みほさん箏とイオ パベルさん尺八の
演奏と講演会を開催しました。
演奏のすばらしさや、失敗を恐れること
なく国内外で活躍する姿勢に生徒は
感動し、エネルギーをいただいたようです。
また、日本の伝統や玉島のよさなどに
ついても考えを深めたようです。
すてきな出会いとなりました。


◎令和元年
玉島東中学校卒業の先輩がいろいろな
分野で本を出版するなど、最先端で
活躍されています。
玉島在住の器楽堂ゆう子さんの
「ゆるり良寛さん」は、良寛さんついて
円通寺での修行の様子がよくわかります。
続いて、AIの分野で、現在は東京在住で
IT企業を起業されている石井大輔さんが
「機械学習エンジニア」という本を
出版したという連絡がありました。
コンピュータ活用やプログラミングについて
の著書です。
いろいろな分野で先輩が活躍されています。
 

◎令和元年9月20・24日
校内研究授業で生徒ががんばりました。
20日に1年生社会・24日に2年生理科の
研究授業がありました。それぞれ、生徒は
しっかり発表をするなど、とてもがんばり
ました。生徒が外部の方にほめられたこと
は、中央廊下で掲示して紹介しています。

 

◎令和元年9月18日
福島復興支援ひまわり里親プロジェクト種収穫

福祉委員会の協力で、無事にひまわりの種を
収穫できました。約5キログラムの収穫でした。
福島のひまわり里親プロジェクトNPO事務局に
送ります。
千葉の停電などいろいろな災害が続いています。
防災・減災の学習を続けて意識を高めなくては
いけません。
 

◎令和元年8月27日
始業式
8月は、6日、9日、15日と忘れてはいけない
日があります。ヒロシマ、ナガサキ、終戦の話
をしました。核兵器廃止条約のことや、今夏に
話題になった「焼き場に立つ少年」の写真を
紹介しました。また、高校生平和大使が国連を
訪問したニュースにもふれました。広島平和
記念資料館が展示を変えて再公開されていると
いうことも紹介しました。
平和の大切さを忘れてはいけない最近の世界の
情勢だと思います。

◎令和元年8月2日
福島復興支援ひまわり里親プロジェクトの
ひまわりたちが満開になりました。
小さいうちは雑草に負けそうになっていましたが
ぐんぐん大きくなって花を咲かせました。
とても強くてたくましいです。
 

 

夏休みに向けて(ビッグサマー原稿)


◎令和元年7月12日
福島から届いた種から発芽したひまわりは元気に
育っています。すくすく成長してもらいたいと
思います。特に昨年の西日本豪雨災害からちょうど
1年となり、防災・減災の大切さが改めて重視され
ています。
 


◎令和元年6月7日
福島ひまわり里親プロジェクト
生徒総会の後、福祉委員に協力してもらい
学校の畑に、ひまわりの種を蒔きました。
大きく育ってほしいです。
そして、東日本や西日本豪雨などの災害に
ついて考えてほしいと思います。
 


●令和元年度●
始業式(H31.4.8)