本文へジャンプ
トップページ倉敷市教育委員会トップページ文字サイズ変更
文字を拡大する文字を標準にもどす文字を縮小する
背景色変更

倉敷市立玉島東中学校


学校経営方針

令和2年度 学校経営計画

★ 本校の環境分析
 本校の学区は,近年新倉敷駅方面に新興住宅地も増えつつある。また,南の玉島港や海岸E地区では橋や道路も整備され、流通や工業での発展を続けている。かつては北前船の寄港地として大変栄えた歴史から、玉島港を中心とした港湾商業地であり、伝統や文化を重んじる風潮がある。円通寺で修行した良寛さんや、お茶の文化,乙島祭りなど、大切にしたい豊かな伝統文化がある。
 本校には主に地元4小学校より生徒が入学している。家庭は教育熱心で,本校への保護者や地域の期待は大きい。生徒に「確かな学力」「ゆたかな心」「健やかな体」を身につけさせることにより,保護者や地域の期待に応えたい。また,『地域とともに歩み続ける学校』という意識を大切にし,家庭や地域との連携を図り,地域から「信頼される・開かれた学校づくり」に努めたい。

★重点的取組
 1 研究主題:「自分の考えの根拠を明確にして表現できる生徒の育成
         ~思考力を高める対話的な学びを通して~」
   研究主題への取組を通じた学力の向上
 2 道徳教育や人権教育,教育相談等を通じた人間関係づくり 
   褒め励ます教育 自主性・自己肯定感の育成などをキーワードとして
   生徒にきめ細かい指導を継続する。
 3 生徒活動を充実させ,心と体の調和を図り,支えあう集団づくりを図る。
   生徒会活動,体育活動,部活動の充実
   メディア教育と情報モラル教育の充実
 4 特別支援教育の視点を生かして,授業のユニバーサルデザインを整備する。
 5 交通マナー向上や,防災・減災に関する危機管理意識と実行力の育成。
 6 地域の豊かな伝統文化の再認識により,郷土愛を醸成する。

※重点的な取組については令和2年度「学校経営計画書」にも示しております
 ので、そちらのページでもご覧ください。