本文へジャンプ
トップページ倉敷市教育委員会トップページ文字サイズ変更
文字を拡大する文字を標準にもどす文字を縮小する
背景色変更

倉敷市立倉敷支援学校


校長室より

校長あいさつ

    
ごあいさつ                 
                                                                                  

           ~子どもたちの自立と社会参加をめざして~




 
倉敷市立倉敷支援学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。
本校校長の神原(かんばら)でございます。校長として3年目の勤務になります。
 


世界中が未曾有の経験をしている『新型コロナウイルス』は,依然として終息の兆しがみられませんが,今年度も状況の変化に応じて,可能な対策と配慮を行いながら,教職員”ONE TEAM”となり,子どもたちのために,「安心・安全」な学校運営を心がけ,常に声を掛け合って『学びの場』としての実践を重ねて参りたいと思います。
 


本校には,小学部,中学部,高等部があり,今年度は,240名の児童生徒が
在籍しています。児童生徒は,日々の学習や行事に一生懸命協力し合って取り組んでおり,その笑顔と頑張る姿に,教職員一同,毎日“元気エネルギー”をもらっています。子ども達も教職員も『キラリン☆』と輝けるような時間をひとつひとつ積み上げて参ります。
 


平成30年度末に,校舎A棟B棟の改修工事が終了し木調を配した明るく温かな雰囲気になりました。また,1階にランチルームと多目的ルーム,2階にプールを設けたC棟も完成し,機能的に活用できる校舎へと環境的にも整えられました。(今年こそ,プールでの指導を実施したいです!)
 


本校は,昭和39年4月に,中国地方で最初の知的障害の養護学校として開校し,今年度58年目を迎えました。保護者の皆様をはじめ,地域の方々のご理解とご支援をいただき,教育活動を行うことができておりますことに感謝申し上げます。
 


今年度も,地域と繋がる活動として,感染症対策を講じたうえで可能な限り近隣の倉敷市立粒江小学校,倉敷市立新田中学校,岡山県立倉敷中央高等学校との学校間交流や,それぞれの児童生徒の居住地校との交流(『交流籍』の実施),地域の夏祭りやフェアへの出店,プランターに寄せ植えした花の配付等を行う予定です。家庭や地域との連携を一層進め,開かれた学校づくりを行うことで,児童生徒に自立と社会参加をめざすことのできる力や地域の一員として生活する力を養いたいと思います。
 


どうぞよろしくお願いいたします。






        令和4年4月 
                          倉敷市立倉敷支援学校
                          校  長  神  原  尚  洋

   


  学校経営計画はこちら〇(PDF:137KB)