本文へジャンプ
トップページ倉敷市教育委員会トップページ 文字サイズ変更
文字を拡大する 文字を標準にもどす 文字を縮小する
背景色変更

倉敷市教育委員会 ライフパーク倉敷 倉敷市民学習センター

【令和3年5月29日更新】市民学習センターの臨時休館について(NEW)

 

 新型コロナウイルス感染拡大を防止する観点から、令和3年5月14日(金)から令和3年6月20日(日)まで休館します。
 ご利用を予定されていた皆様には、大変ご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。


窓口業務について
 令和3年6月22日以降の会議室等の予約・変更・取消及び還付手続き、図書室での予約図書の貸出返却は行います。※今後の感染状況によっては、ご利用できない場合があります。

■臨時休館に伴う施設使用料について
 臨時休館にともない、上記期間中の施設使用料については、全額還付します。
 還付手続きに必要な書類一式を提出してください。

■軽トレーニング室・プレイルーム
 臨時休館にともない、利用中止とします。

 新型コロナウイルス感染拡大の防止のためには、今が重要な時期であり、利用者の安全を最優先とさせていただくためにも、皆様の御理解と御協力をお願いいたします。
 今後については、決定次第お知らせします。






オンラインで学ぼう!(NEW)

 


 みなさんのおうちで、家族と一緒に楽しめる工作やゲームを用意しました。
 こちらからお気軽に楽しんでくださいね♪
 

【令和3年2月27日更新】(NEW)
 
 動画投稿サイトYouTube(ユーチューブ)に倉敷市公民館の公式チャンネル「倉敷e公民館」を開設しました。ご自宅で学習していただけるよう、公民館講座等の様々な動画を順次配信していく予定です。
 また、毎月開催しているパパママセミナーの動画版(実技部分のみ)について、こちらのチャンネルで配信を開始しております。詳細はこちらからご確認いただけます。(視聴にはお申し込みが必要となります。)



 

【令和2年12月23日更新】

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、当面の間、音楽練習室と器楽練習室の定員を次のとおり変更して運用させていただきます。また、使用される際は、常時窓を開けて換気をしながらのご利用をお願いします。

 ■音楽練習室 定員 50名
 ■器楽練習室 定員 20名

 

【令和2年12月16日更新】

■施設使用について
 ここ数日のうちに市内のカラオケのできるお店で、新型コロナウイルス感染症のクラスターが複数件発生したことから、施設の使用にあたり、大きな声を出すカラオケや合唱、演劇などの活動については、当面の間、自粛していただくようご協力をお願いします。
 ・
倉敷市からのお知らせ

 施設を使用する際はマスクを着用してください。館内で食事をする際は、対面での食事は避け、周りの人との距離を十分とってください。食べながらの会話はしないでください。会話をする場合は、マスクの着用またはテーブルマナーマスクを必ず着用してください。
 ・テーブルマナーマスクの作り方(倉敷市動画チャンネル)
 ・テーブルマナーマスクのひな形(嵯峨美術大学ホームページ)

 様々な活動を続けていくためには、職員はもちろん、利用者の皆様のご協力も必要となります。ご理解のほどよろしくお願いいたします。
 



 

【令和2年10月27日更新】

■16ミリフィルムデジタル化
 市民学習センターで所蔵していた、次の作品をDVD(デジタル)化しました。団体への貸出ができますので教材としてご活用ください。作品の詳細や貸出条件等は視聴覚機材案内のページをご覧ください。

 作品名 『’88倉敷 -瀬戸内新時代-』 (31分 平成元年製作 企画:倉敷市)


 

【令和2年10月10日更新】

 
市民学習センター及び倉敷市公民館では、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため『新しい生活様式』及び公益社団法人全国公民館連合会の『公民館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン』(以下、「ガイドライン」という。)に基づいた感染症予防対策等を取り入れて運営しています。
 この度、令和2年10月2日付でガイドラインが変更されたことに伴い、次のとおり運用を変更します。詳しくは、『感染症予防策を取り入れた公民館の使用について』をご覧ください。
 ・倉敷市長から市民の皆様へ~新しい生活様式について~(PDF)
 ・『公民館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン』令和2年10月2日改定版(PDF)
 ・『感染症予防策を取り入れた公民館の使用について』令和2年10月7日改定版(PDF)


感染症予防策を取り入れた公民館の使用についての主な変更点
1 公民館活動について
  10月13日(火)から、すべての公民館活動を可能とします。

2 施設の収容率(定員)について
 ①大声での歓声・声援等がない活動の場合、収容率を100%までとします。
 ②大声での歓声・声援等がある活動の場合、収容率を 50%までとします。
  ※①、②の例は下記をご覧ください。
   9月11日付内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室長事務連絡 別紙2(PDF)
 ③収容定員が設定されていない場合は、最低限、人と人とが接触しない程度の間隔を確保できる人数とします。

■施設使用者の方へお願い
 施設使用時に『新型コロナウイルス感染症拡大防止のための施設利用時セルフチェックシート』をご記入いただいております。施設使用時の注意事項を掲載しておりますのでご覧ください。
 ・新型コロナウイルス感染症拡大防止のための利用時セルフチェックシート 令和2年10月13日~(PDF)

■感染症拡大防止対策について
 ・職員はマスクを着用しています。
 ・飛沫防止のビニールカーテンをカウンターに設置しています。
 ・館内に手指消毒液を設置しています。
 ・館内及びトイレは定期的に清掃除菌をおこなっています。

■軽トレーニング室について
 感染症予防策を講じながら、10月13日(火)9時から次のとおり運用を再開します。使用時の注意事項を掲載しておりますのでご覧ください。
 ・軽トレーニング室の再開について(PDF:118.8KB)




 
新着情報

お知らせ


 
アドビーアクロバットリーダーのバナー ご利用上の注意事項
PDFファイルをご覧になるにはアドビリーダーが必要です。
無料ダウンロードは左のバナーをクリックしてください。