本文へジャンプ
トップページ倉敷市教育委員会トップページ文字サイズ変更
文字を拡大する文字を標準にもどす文字を縮小する
背景色変更

倉敷公民館

沿革


 1953(昭和28)年

・大原 総一郎氏、音楽図書館建設のため倉敷市に1,000万円寄付。

 1963(昭和38)年

・本町の電報電話局が老松町に移転。跡地に1964(昭和39)年に県立図書館が移転。(昭和43年市立に移管。)

 1967(昭和42)年

・東京に浦辺氏を呼び、「公民館計画の中に音楽図書館を入れること。その姿は、小野の3階倉。
  飄々とした土蔵で印象に残っている。」とイメージを伝え、向かいの大原氏所有の土地に将来同じ型の建物を建て
 対とすることなどの指示を与えている。

 1969(昭和44)年

・10月3日、倉敷文化センター(倉敷公民館の前身)が現在地(倉敷郵便局跡) に新築。 
  倉敷をイメージした門長屋様式の建物で、設計は浦辺 鎮太郎氏(1909~1991年)。
 (隣接の図書館とは渡り廊下で繋がっていた。)
・音楽図書室は、大原 総一郎氏の寄付金及び寄贈された2,000枚に及ぶSPレコード(大原コレクション)をもとに
 開設され、隣接する倉敷市立図書館の附属施設として利用される。
・総一郎氏が生前愛用していた蓄音機チニー・2P、ビクトローラー・8‐60もご令息謙一郎氏によって寄贈された。
・流 政之氏(1923~)の彫刻 『KURASHIKIMON』(1969年制作)が完成記念として、倉敷ロータリークラブにより
  寄贈された。
・命名は吉井旅館の女将 永井 圭子さんの母だとか。当初は館内に置かれていたが、後に現在の場所に移動した。

 1983(昭和58)年

・隣接の図書館は新築移転し、中央図書館となる。倉敷文化センターは倉敷公民館と名称を変更し、音楽図書室は
 倉敷公民館の管轄下に入る。

 1996(平成8)年

・平成7年から改修工事を行い、平成8年2月29日完了。



流 政之(ながれ まさゆき)(1923~)の彫刻『KURASHIKIMON』(1969年制作)について

kurashikimonの画像

(2009年5月13日 吉井旅館女将 永井 圭子さんの卓話~
                    『倉敷水島ロータリークラブ週報』より抜粋)

 『KURASHIKIMON』には「もの」と「もん」と両方の意味をもち、私の母が命名しました。倉敷公民館の完成の記念に、倉敷ロータリークラブから寄贈されたもので、公民館の中にあったものを現在の地に移動し、当初は眼がなかったのですが、そのときに眼も付けました。流氏は日本より世界で先に有名になった方で、アメリカの9.11テロで破壊された世界貿易センターの前にあった『雲の砦』が有名です。流氏は、倉敷界隈が非常に気に入っておられ、吉井旅館にもしばらく逗留されていました。