本文へジャンプ
トップページ倉敷市教育委員会トップページ文字サイズ変更
文字を拡大する文字を標準にもどす文字を縮小する
背景色変更

倉敷市立連島神亀小学校

本校の教育

令和4年度 連島神亀小学校の教育

1 学校教育目標

 ☆ 豊かな心とすこやかな体をもち,たくましく生きる児童の育成

2 目ざす子ども像

・ 学ぶ意欲(),自他を大切にする心(),がんばれる体()をもった子ども

 ・ あたりまえのことがあたりまえにできる子ども(自立心,規範意識をもった子ども)

3 教育指導の重点

   ☆ 授業力,学級力,子ども力の向上をめざす「チーム神亀」

   (チームとして機能できる協働体制づくり)

  ・ 基礎・基本的な学力を身につけ,主体的に学ぶ子どもを育てる。

  ・ 自他を大切にし,認め合い,支え合う子どもを育てる。

  ・ 自分の価値や役割を自覚し,自信をもって行動する子どもを育てる。

4 学校経営目標・計画

 ① 学力の向上を図る。

  ・ 落ち着いた学習環境づくり

  ・ 基礎・基本の学力の定着(「ぐんぐんタイム」の工夫と充実

  ・ 主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善

  ・ 家庭学習の充実と啓発

 ② 自尊感情と人権意識を高める。

  ・ 子どものよさを見つけて,褒めて,認めて,伸ばす。(自己肯定感の高まり)

  ・ あいさつ,無言清掃,くつそろえ,廊下歩行の定着(神亀小のあたりまえ)

  ・ 規範意識の向上(上学年が下学年のモデルになる)

  ・ 児童集団としての課題解決能力の育成

 ③ 組織として機能する「チーム神亀」

  ・ 共通理解し,報告・連絡・相談・連携し,共通実践する。

  ・ 行事の精選と練習等を縮小・効率化し,授業時数を確保する。

  ・ 会議は事前準備を丁寧に行い,費用対効果が高いものとする。

  ・ 適切な「働き方改革」の推進

5 本年度の研究テーマ

  ” 「分かる」・「できる」を実感する算数科の授業を目指して  

☆ 算数科の研究を進める。(1年目)

めざす児童像

 ○自ら課題を見つけ,課題解決をしようとする児童。

 ○自分の考えを伝え合い,考えを深めようとする児童。

6 本年の教職員数・学級数・児童数(4月1日現在)

 〔教職員〕40名(兼務含む) 〔学級数〕15学級 〔児童数〕291名