本文へジャンプ
トップページ倉敷市教育委員会トップページ文字サイズ変更
文字を拡大する文字を標準にもどす文字を縮小する
背景色変更

倉敷市立富田小学校

校長室より

  富田小の教育について
 
 歴史と伝統を誇る本校に,保護者や地域の方々の寄せる思いや教育への期待は大変大きいと考えています。職員は,学校教育目標「一人ひとりの児童を見つめながら,創造的で豊かな心をもち,たくましく生きる児童の育成を図る。」 の実現に向けて,教育活動を推進し,次代を担う児童の育成に努めます。
 目指す児童像は, ともと仲よく みずから進んで たくましく です。
 目指す学校像は, 児童が「自信とやる気」をもって力いっぱい取り組む学校
            保護者や地域に信頼される開かれた学校
          職員がまとまり,士気を高くもって児童を導く学校 です。
 
 具体的な学校経営目標としては,次の5つを考えています。

  •  豊かな心の涵養に向けて,よりよい人間関係づくりを促進し,自他のよさを認め合う児童を育成する。
  •  確かな学力の育成に向けて,児童の学ぶ意欲を高め,個々の学びを深める指導の工夫を図る。
  •  同和教育を人権教育の重要な柱と位置づけ,人権意識の高揚を図るとともに,同和問題にかかわり教育上配慮を必要とする児童の進路保障に努める。
  •  健康・体力の保持増進を図り,健やかな体を育成する。
  •  家庭や地域社会と連携し,開かれた学校づくりを推進する。
 
この5つの目標を,「富田小が力を入れていること」として図に表すと,次のようになります。
  • 豊かな心の涵養を土台として,その上に②学力向上,③人権教育・同和教育,④健康安
全教育,⑤家庭・地域との連携などの教育活動を行い,「生きる力」を身に付けた富田っ子を育てたいと考えています。生きる力とは,学習指導要領で育てたいとしている3つの力(知識・技能,思考力・判断力・表現力,学びに向かう姿勢・人間性)です。
 
 
   

 
 
 

 









 富田小学校 校長 貝原俊夫