本文へジャンプ
トップページ倉敷市教育委員会トップページ文字サイズ変更
文字を拡大する文字を標準にもどす文字を縮小する
背景色変更

倉敷市立倉敷翔南高等学校

 
令和3年度 翔南祭テーマ

  一致団結 ~ 楽しめ翔南祭 ~       
 
 
 令和3年11月11日(木)・12日(金)
 
 「第19回 翔南祭」を開催しました!


 生徒会が中心となって作り上げた今年の全校制作は、

 ペットボトルキャップアートでした。

 高梁川未来人材育成事業の一環で生徒からアイディア

 募り、昨年の翔南祭の投票で名前が決まったばかりの

 本校のイメージキャラクター、「チルチル」を

 モチーフにしています。

 チルチルは、大きくなって羽ばたける日を夢見ている

 青い鳥です。

     
 
 翔南祭は生徒にとって、仲間と力を合わせて

 想像力と創造力を発揮できる一大イベントです。


 展示部門では、クラスにとどまらず保健委員会、

 図書委員会、書道の授業からも、見応えのある作品

 が多く並びました。
 
 カラフルなバルーンや紙などの素材を組み合わせて、

 人気のあるキャラクターやインスタ映えスポットを

 作るクラスが多く、友達と楽しそうに教室をまわる

 生徒の姿が多く見られました。

 保健委員会の展示では、生徒がよく口にするであろう

 お菓子やジュースにどのくらい砂糖が使われているのか、

 角砂糖の数で目に見えるようになっており、

 「こわーい!」と言いながらこの機にジュース絶ちを

 決意した生徒もいました。


 ステージでは、3年次のクラスを中心に、アパレルファッション

 系列のファッションショーや生活福祉系列の介護実践レポート、

 保健委員会による歯の大切さを訴えた実験・インタビュー動画、

 図書委員会による毎年恒例の個性あふれる新任教員紹介動画、

 ダンス部や筝曲、有志団体によるパフォーマンス等、

 大変熱のこもった発表が行われました。
 
 
展示    
 
 
 
 
 
 
ステージ