本文へジャンプ
トップページ倉敷市教育委員会トップページ文字サイズ変更
文字を拡大する文字を標準にもどす文字を縮小する
背景色変更

倉敷市立川辺小学校

学校案内

学区の概要

 高梁川と小田川が合流する地点に位置し、倉敷市街、総社市と井原・矢掛方面を結ぶ国道が学区の北部を東西に横切り、真備町東の玄関口として交通の要衝となっている。古くは山陽道の宿駅であり、また高梁川の川港として物資の積み下ろしが盛んになるにつれて、水上交通の要所として発達した。本陣跡、協本陣跡があり、往時の宿場町のおもかげを残している。
 かつては、農業構造改善事業計画が施行され、ハウスを利用した野菜作りが盛んであった。しかし、近年は県南の工業化により専業農家は激減し、学区内に住宅団地が増し、岡山、水島方面へ通勤する人たちのベッドタウンとなっている。また、井原線開通により、川辺宿駅が開設され、新しい住宅団地もできている。
 また,平成27・28年度には,南に倉敷大橋,北に総社大橋が完成し,さらに交通の便がよくなっている。

児童数(R4.4.1)
  1年生 2年生 3年生 4年生 5年生 6年生 めだか つくし 合 計
1組 19 20 19 25 25 27  5  4 270
2組 19 20 19 25 24 28    
 

沿革

 

学校経営

 

(1)学校教育目標 
  自ら学び、心豊かで実践力のある子どもの育成
(2)めざす子ども像 
  ○ よく考える子
  ○ やさしい子
  ○ ねばり強い子
(3)学校経営方針 
  ○ 自ら学び、いきいきと活動する子どもの育成
  ○ 学校生活や地域と連携した行事を通して、人を大切にする心と思い
   やりの心を育てる。
  ○ 何事にも集中して、根気強く取り組むことのできる児童を育てる。
 
(4)研究主題
   「言語能力を高めていく児童の育成」
  ー 主体的・対話的で深い学びを実現した国語科授業を通してー 
 
(5)校内ルール(PDF:155.2KB)