本文へジャンプ
トップページ倉敷市教育委員会トップページ文字サイズ変更
文字を拡大する文字を標準にもどす文字を縮小する
背景色変更

倉敷市教育委員会 ライフパーク倉敷 倉敷市民学習センター

子ども映画会

子ども映画会とは

 市民学習センターでは毎月第2土曜日(異なる月もあります)に午前・午後の2回、お子様向けの映画を上映しています。
 上映時間は約1時間です。午前・午後はそれぞれ同じ内容です。
 入場無料、申し込み不要です。お気軽にご来場ください。
※受付で検温、手指消毒、感染症拡大防止のためのチェックシートの記入をお願いします。

 

12月~2月の予定

 
日付 時間
12月10日
2月11日
午前:10時30分~11時30分
午後:14時~15時
 

12月の予定

12月10日 土曜日

 
上映作品 上映内容
八つ化け頭巾  ひょうきんでいたずら好きの和尚。キツネをだましてまんまと化け道具を手に入れ、うれしくてたまりません。そこに寺の見まわりの偉い僧正様がやってきます。さあ、いたずらの始まり、始まり。
クラゲの骨なし  ある海辺に暮らす仲良しの猿と亀。ところがほうびに目がくらんだ亀は、乙姫の病をなおす生き肝をとるため、猿をだまして龍宮へ連れて行きます。クラゲとカレイからそれを知った猿は…。
座敷童子  みちのくの岩手でのこと。ひとり旅を続ける六部が、ある長者屋敷に一夜の宿を願い出ます。夜がふけても寝つけないでいると、屋敷のあちこちを走りまわるようなふしぎな音が聞こえてきます。
ナマズの使い  福島の磐梯山に住む明神様。地震のたびに昼寝のじゃまをされるので、ナマズどんに地震が来そうになったら知らせるように頼みます。ところがたびたび知らせに来るのに怒った明神様は…。

2月の予定

2月11日 土曜日・祝日

       
                                         
   
    上映作品          

                                                               
       
       上映内容

はだかの王様             
 
『正直者にしか見えない服』を詐欺師から
買った王様は、その服を着て国民の前に立つ
のですが・・・・・・。
すずの兵隊さん 一本足の兵隊さんは、踊り子のお人形が大好きでしたが、
いじわるなびっくり箱の小鬼にじゃまされて窓の外にとばされてしまいました。
 
おやゆび姫 チューリップの花から生まれたおやゆび姫。ガマガエルに連れ去られ、つらい日が続きますが、親切なツバメを助け新しい旅に出ます。
ありときりぎりす 冬の食糧の準備を忙しくする働き者のありをバカにし、夏の間遊び続けたきりぎりすは、冬をむかえ食糧にこまります。
鐘をならしたきじ 心のやさしい木こりが、きじを助けるために、へびを殺してしまいす。数年後へびの精がばけて出て殺されそうになった時、助けたきじは・・・・・・。


ページの上部に戻る

戻る