本文へジャンプ
トップページ倉敷市教育委員会トップページ文字サイズ変更
文字を拡大する文字を標準にもどす文字を縮小する
背景色変更

倉敷市立玉島東中学校


3年生のページ

▼12月23日(水)
 3年生授業がんばってますⅡ(2学期)・・・PDFで

▼11月9日(月)
  3年生進路説明会
      高校進学についての進路説明会を開催しました。
  3年生の保護者が多数参加されました。特に私立高校
  では、今年度から新しくインターネット出願が導入さ
  れます。そのことについて、私立倉敷高校の井上先生
  に来校いただき、出願の流れを説明していただきまし
  た。具体例を挙げながら、私立高校全体のシステムを
  分かりやすく説明していただきました。
   

▼10月19日(月)
  3年生球技大会・クラスレクリエーション
   3年生が球技大会とクラスレクリエーションで1日楽しみ
  ました。午前中は、ドッジボールと卓球で、午後は各クラス
  の企画で親睦を深めました。
  


▼9月16日(水)
  3年生 平和学習・平和集会のまとめから
  3-1
    これからの未来を作っていくのは私たちであり、私たちが
  平和を作っていくべき
だと感じました。原爆、貧困、紛争、
  内戦など世界には課題がまだまだ山積みです。
今後の未来の
  ために、私たちがすべきことは身の回りの平和を作ることだ
  と思います。
家族を大切にすること、友だちを大切にするこ
  と、感謝・反省の気持ちをきちんと
伝えること。一つ一つの
  ことから平和はできていくと思います。


  3-2
  真珠湾攻撃のことを始め、沖縄基地や紛争についてなど
  沢山学びました。そのたびに
悲しい現実に目を向け、心を
  痛めました。そして、過去から学んで、これからの未来に
 
どうするのか考えることが大切だと分かりました。戦争は
  何も生まず、悲しい負の連鎖
がつづくだけです。戦争は参加
  した人全員が負けだと思い知らされました。

    もう二度と原子爆弾が投下され、尊い命が奪われないよう、
  学び、話し合い、見きわめ
なければならないと思いました。

  3-3
    特に印象に残ったのは、アフリカなどの子どもたちが
 「子ども兵」として今でも紛争
に巻き込まれていることです。
  彼らは無理矢理、戦争している場所に連れて行かれ、
私たち
  には想像できないほど辛い思いをしているのは、本当にかわ
  いそうだと思いました。

    世界中の子どもたちみんなが、平和で自由な暮らしが送れ
  るようになってほしいと思い
ました。

  3-4
   修学旅行で現地を訪れて戦争の悲惨さを感じることはでき
  なかったけど、修学旅行に
行けなかった分、他の年の3年生
  よりも平和について考える時間が多かったのは良かった
と思う。
  平和学習を通してクラスのみんなの考えを聞いたり、自分の
  感じた思いを伝えたり
することで、戦争の恐ろしさを深く考え
  ることができた。「戦争はこわいこと」というのは
口先だけで
  ならいくらでも伝えられるが、平和学習を行った今は、こわい
  という思い以上
に、戦争をくり返さないという強い思いをもつ
  ことができた。

    世界中に核兵器が存在している今この時間は、平和と呼べる
  のか。改めて、平和とは
何かを考えることができた。

  3-5
    実行委員の仕事を通して、平和活動に取り組む人や団体を
  知り、募金など今の自分
でも協力できることがあると分かった
  ので、積極的に協力していきたい。
平和集会では、実行委員の
  発表や各クラスの平和宣言など、心に刺さる言葉が沢山
あった。
  修学旅行で実際に見たり、聞いたり、体感したりすることは
  できなかったけど
この平和学習で、より深く調べ、学ぶことが
  できた。学んだこと、感じたことを忘れず、
平和な社会になる
  よう自分にできることにしっかり取り組んでいきたい。


▼9月16日(水)
 3年生平和集会
 
3年生が平和学習のまとめとして、平和集会を学年でもちました。
  実行委員会から、現在の戦争と課題について発表があり、クラス
  ごとに平和宣言をしました。最後は平和の歌として「ふるさと」
  を歌いました。
    
                   黙とう
    
                  千羽鶴奉納
    
            平和宣言

3年生 授業がんばっています 
・・・7月1日付の3年生の
                          授業の様子です。
▼7月13日(月)
 防災(水害)学習の感想から(抜粋)

 3年生
 私の家の周りは災害などは起こったことはないけれど、西日本豪雨
 の時に家の玄関付近まで水が来たことがありました。その時は真備が
 すごいことになっていて驚きました。
 私は家族でどこに避難して、どこで落ち合うかなどを事前に決めて
 います。また、災害が起こった時の食料や水、生活必需品もためて
 いるので、対策はできていると思います。
 今のコロナの中で、さらに災害が起こったらどうなってしまうのか
 とてもよく考える必要があると感じた授業でした。

 3年生
 僕の住んでいる所は、山の上にあるので大丈夫かもしれませんが、
 出された警戒レベルに気をつけようと思いました。警戒レベル3・
 4で避難することがわかりました。自分の命は自分で守らないと
 いけないと思いました。土砂崩れにも気をつけたいです。

 3年生
 災害は本当に怖いので早めの避難をしようと思った。家ではもう
 避難の準備を家族5人分用意しているし、もし家で一人のときや
 外で遊んでいるときどうするのかも決めているので安心。
 ハザードマップで自分の家の場所を確認して準備をしようと思っ
 た。

 3年生
 周りの人が避難をしていないから、自分は大丈夫という考えは
 絶対にいけないと思いました。実際そういった経験をしている
 人がいるのだから警報が鳴ったらすぐ避難ができるよう、日頃
 から避難場所を確認したり、避難グッズなどを用意したりして
 おこうと思いました。自分の身は自分で守らないといけないの
 で、どうしようもないことになる前に、速やかに行動にうつせる
 ようにしたいです。

 3年生
 家が川から近く、災害がおきたら浸水する危険があるところな
 ので、家族と再度、避難する場所について確認しておきたい。
 他人事だとは思わず、手遅れになる前に、自らの命を自らが
 守ることができるようにしたい。
 コロナウイルスのことも考えて災害時にする行動を決めておき
 たい。