倉敷教育センター
倉敷ふれあい教室
倉敷ふれあい教室
(ライフパーク内)
倉敷中央分室
児島分室
玉島分室
真備分室
「とらいあんぐる」「かけはし」
講演会
 ホーム > 適応指導 > 講演会
平成28年11月11日(金),生徒指導に関する講演会がありました。
感想1

感情が高ぶり涙が流れるのを止められませんでした。子どもたちの生活の中に存在する闇の部分,わかっているようで全然わかっていなかったことを痛感しました。そして,その闇の深さと安易に解決することができない問題の大きさと難しさを少しだけ知ることができました。では,昼の世界にいる私たちにできることは何か・・・・。今,目の前にいるかけがえのない存在,大切な命を精一杯受け止め認め育むためのお手伝いをしていくしかありません。否定ではなく認める認められることで,自分も家族も人も大切にできるそんな子どもたちを育んでいけるよう,自分なりにもがいていきたいと思います。

感想2

あっという間の90分でした。朝,出勤前に家族で美しいものを30個
見つけようという言葉にはっとしました。1日のスタートをどういう心で子どもたちと始めるのか,教育者として母として一番大切な心の持ち方・育て方を教えていただけました。規則正しい生活,なにげない毎日の会話・・・・大切にしたいと思います。今日のお話と明日からの保育,家庭で生かしていきたいと思います。ありがとうございました。

感想3

「子どもをほめていますか」これに,ドキッとしました。しかる事が多いかもしれない。子どもたちを認めてあげる事,最
近できていないのではないかと反省しました。日々の子どもたちの心に寄り添い認めてあげること。これをこれから大事にしていきたいと思いました。

感想4

著書を初めて読んだ時,本当にこんな先生がいて毎晩夜回りを?・・・・。今日水谷先生のお話をお聞きして先生が関わってこら
れた子どもたちが見える気がしました。時間を惜しむように次々とお話される水谷先生からこれまでいろんな経験をされ,いろんなことを感じ考え,多くの人に正面から向き合ってこられたのが伝わってきました。先生のお言葉一つ一つが心に響きました。心からの言葉だからだと思いました。優しい言葉,美しい言葉を毎日30個生徒に言いたいです。
[
「今,子どもたちは・・・いじめ,不登校,リストカット,自死,非行,薬物乱用,その背景と解決法」
講師
花園大学客員教授
水谷 修 先生
人生を紡ぐ運転手は自分自身である
人はだれでもが,自分の物語をもって生きている。私だけの,過去,現在,未来の物語のなかで,人は人生のあらゆる時期において自分の存在を確かめ,そこに自分自身を発見し,あるときは軌道修正しながらすすんでいく。私の物語をつくるのは,他の誰でもない,自分自身なのである。


 
 
 
 









このページのトップへ戻る