本文へジャンプ
トップページ倉敷市教育委員会トップページ文字サイズ変更
文字を拡大する文字を標準にもどす文字を縮小する
背景色変更

倉敷市教育委員会 ライフパーク倉敷 倉敷市民学習センター

子ども映画会


子ども映画会とは

市民学習センターでは毎月第2土曜日(異なる月もあります)に午前・午後の2回上映しています。
上映時間は約1時間です。午前・午後はそれぞれ同じ内容です。
入場無料、申し込み不要です。お気軽にご来場ください。



9月~12月の予定

日付時間
9月9日午前:10時30分~11時30分
午後:14時~15時
10月14日
11月18日
12月9日


9月9日 土曜日

上映作品上映内容
うばすて山 ある国の片田舎に暮らす、元気者のおっかあとその息子。その国の掟では、61歳になった年寄りはみな、「うばすて山」に捨てなくてはならぬ。でもおっかあはもう61歳。そこで息子は…。
芋ほり長者 加賀の国の山芋掘り名人、藤五郎のもとに、長者の娘が嫁にきます。ところが世間にうとい藤五郎、嫁さまの持参した小判を村人に配ってしまいます。金沢の地名の由来を説くお話しです。
だんだらぼっち 三重県波切の沖、大王島に住む大男「だんだらぼっち」。たびたび村にやってきては暴れるので、村人たちは困りはてています。そこで、村一番のいたずら小僧、一平が考えた名案とは。
ムカデの使い 秋のある夜、虫たちが集まって煮込み汁を食べていると、急にカマキリどんが「腹がいてえ」と大騒ぎ。医者のもぐら先生の迎えに、足が多くて速いムカデどんが選ばれます。ところが…。


10月14日 土曜日

上映作品上映内容
美女と野獣 心のやさしい娘ベルは父親の身代わりとして、恐ろしい魔物のところに行きます。
ブレーメンの音楽隊 年老いたロバがブレーメンの音楽隊に入るため旅に出ました。犬、猫、ニワトリも加わり楽しい旅を続けますが、悪者の住処を見つけて大変。
巨人退治のぺテル チビの仕立て屋ペテルは自分の力を信じ、「一打ち七匹」とししゅうしたベルトをしめ世の中に知らしめる為、旅に出ます。
星のコスモス お母さんのお墓にコスモスを飾ってあげようと出かけたアンナは、困っている子供たちに、服やパンを全てあげてしまいます。その時星が…。



11月18日 土曜日

上映作品上映内容
にじいろのさかなと
おおくじら
 おだやかに暮らしていたにじうおたちのところに、ある日、見知らぬおおくじらがやってきた。
こわくないよ
にじいろのさかな
 おそろしいかいぶつが住むといわれるあくまの谷に、赤い海藻をもとめて、にじうおとあおいさかなは、決死の冒険に出発するが…。
あそぼうよ ことりはきりんに「あそぼうよ」といいつづけます。でも、きりんのへんじはずーっと「あそばない」。ふたりのやりとりはいつまでもつづきます。 
だいじょうぶかしら
ねずみくん
 ぼーっとあるいているねずみくん。ゴリラにぶつけられたり、へびにひかれたりますますへんになっていきます。ほんとうにだいじょうぶ?
えものはどこだ てっぽうをもったりょうしがえものをさがしています。でもちかくにいるのにみつからないようです。ほら、そこにいるのに。おしえてあげましょう。
ともだちが きました おおきなきがあります。ことりやふうせんやひこうきがいろいろなことをしにやってきます。こどもたちがあそびにくるときはどんなかおをするでしょう。


12月9日 土曜日

上映作品上映内容
塩ふきうす 強欲でなまけ者の兄と、働き者の弟。貧しい弟は願うものが出てくるふしぎな石臼を手に入れ、一夜にして長者になります。それをねたんだ兄は…。海の水が塩からい訳を説くお話しです。
あとかくしの雪 貧しい村を通りがかった旅人が空腹で倒れてしまいます。それを助けたおばあさん、どこからか大根を持ってきて旅人に食べさせます。翌朝見ると、足跡が意地悪な庄屋の畑に続いています。
氷河ねずみの毛皮 北の果てへ向かう夜行列車の中には、豪商のタイチ、船乗りの若者、それにキツネによく似た赤髭の男などがいました。着ている外套を自慢げにみせびらかしているタイチの話を船乗りの若者は、胸が痛くなる思いで聞いていました。その時、窓の外に不思議なかがり火が見え列車は急停車し、人間の格好をした白熊たちがドカドカと乗り込んできてタイチを捕らえました。赤髭の男はスパイで、ピストルを持って先頭に立っています。それを見た船乗りの若者は…。



ページの上部に戻る

戻る