本文へジャンプ
トップページ倉敷市教育委員会トップページ文字サイズ変更
文字を拡大する文字を標準にもどす文字を縮小する
背景色変更

倉敷市教育委員会 ライフパーク倉敷 倉敷市民学習センター

子ども映画会


子ども映画会とは

市民学習センターでは毎月第2土曜日(異なる月もあります)に午前・午後の2回上映しています。
上映時間は約1時間です。午前・午後はそれぞれ同じ内容です。
入場無料、申し込み不要です。お気軽にご来場ください。



12月~3月の予定

日付時間
12月9日午前:10時30分~11時30分
午後:14時~15時
1月13日
2月10日
3月10日


12月9日 土曜日

上映作品上映内容
塩ふきうす 強欲でなまけ者の兄と、働き者の弟。貧しい弟は願うものが出てくるふしぎな石臼を手に入れ、一夜にして長者になります。それをねたんだ兄は…。海の水が塩からい訳を説くお話しです。
あとかくしの雪 貧しい村を通りがかった旅人が空腹で倒れてしまいます。それを助けたおばあさん、どこからか大根を持ってきて旅人に食べさせます。翌朝見ると、足跡が意地悪な庄屋の畑に続いています。
氷河ねずみの毛皮 北の果てへ向かう夜行列車の中には、豪商のタイチ、船乗りの若者、それにキツネによく似た赤髭の男などがいました。着ている外套を自慢げにみせびらかしているタイチの話を船乗りの若者は、胸が痛くなる思いで聞いていました。その時、窓の外に不思議なかがり火が見え列車は急停車し、人間の格好をした白熊たちがドカドカと乗り込んできてタイチを捕らえました。赤髭の男はスパイで、ピストルを持って先頭に立っています。それを見た船乗りの若者は…。

1月13日 土曜日

上映作品上映内容
はなたれ小僧さま 山奥に住む薪売りのじいさん。売れ残った薪を竜神さまにさしあげると、そのお礼に「はなたれ小僧さま」という汚い子供をもらいます。ところが何と、その小僧さまが、一回鼻をすすると…。
山伏石 平泉、中尊寺の戸河内川に沿って歩いている山伏。女の人に上の淵まで背負ってほしいと頼まれます。途中、ふと見ると、女の腕にはうろこが…。山伏と妖怪のすさまじい戦いが始まります。
木仏長者 金仏が自慢のある村の長者どん。いつも磨いては光らせて、来る人ごとに見せびらかしています。ある日、風呂炊き奉公の信心深い若者が拝んでいる木仏とすもうをとらせることにしますが…
猿の恩返し 九州の大名の家来、飛脚の勘助。江戸へ向かう途中興津の峠で、大蛸にさらわれた猿を助けます。ところが将軍に献上する刀が折れてしまい、困っていると、猿が一本の刀を差し出します。


2月10日 土曜日

上映作品上映内容
忍たま乱太郎のがんばる
しかないさ
 公園で野外学習の日。「自分でよい事と悪い事との区別をして、よい事を進んでするように」と山田先生が本日の課題を説明した。「よい事ってどんな事?」と困惑するしんべえたち。
オズの魔法使い ある日のことです。ドロシーは子犬のトートーといっしょにたつまきにまきあげられて、オズという魔法の国へ飛ばされてしまいました。ドロシーは、知恵がほしいかかしや、心がほしいブリキのきこり、勇気がほしいライオンといっしょに家に帰る方法をさがして旅をするのですが…。



3月10日 土曜日

上映作品上映内容
スプーンおばさん
「モミの木に手を出すな」
「女王さまもいいもんだ」
「モナリザってすてき」
「ビーバー消ぼうたい」
「ペアーでダンスを」
「クモのさいばん」
誰からも好かれるスプーンおばさんには、ご亭主と森の女の子ルウリィだけが知っている秘密がありました。それは体がスプーンほども小さくなってしまう不思議な力のこと…。


ページの上部に戻る

戻る