本文へジャンプ
トップページ倉敷市教育委員会トップページ文字サイズ変更
文字を拡大する文字を標準にもどす文字を縮小する
背景色変更

倉敷市教育委員会 ライフパーク倉敷 倉敷市民学習センター

子ども映画会


子ども映画会とは

市民学習センターでは毎月第2土曜日(異なる月もあります)に午前・午後の2回上映しています。
上映時間は約1時間です。午前・午後はそれぞれ同じ内容です。
入場無料、申し込み不要です。お気軽にご来場ください。



9月~12月の予定

日付時間
9月8日午前:10時30分~11時30分
午後:14時~15時
10月13日
11月17日
12月8日


9月8日 土曜日

上映作品上映内容
お月様とうさぎ お月見のいわれについての物語。幸せな親子のウサギに日照りが続く。母ウサギは月に雨乞いをし、雨が降るまで何も食べないことを誓うのだが…。親子の愛情を描いた作品。
木こりと金のおの おのを川におとした二人の木こり。正直な木こりは金と銀のおのをもらい、うそつきの木こりは、自分のおのまでなくしてしまいました。神さまはいつも正直な人の味方です。
空からおちたカメ 空をとんでみたいと思ったカメは、ある日オオワシにたのんで、空へつれていってもらいましたが…。相手をだましたりいいかげんな約束をすると、あとでひどい目にあいます。
森のばん人 森のばん人のむすめをおよめさんにほしいというライオン。そこでばん人はライオンにじょうけんをだしました…。人間には知恵と勇気という大きな武器があるのです。


10月13日 土曜日 

上映作品上映内容

なかよしおばけ

「おばけ遊園地に行く」

        他6作品
 主人公はなかよしの小さなおばけたち。みんなのリーダー格のアンリ、クモをかわいがる、しっかり者のリュシー、おっとり屋のジョルジュ、面倒くさがり屋で食いしん坊のエドワール、好奇心旺盛な4人はいつも楽しいことを探しています!


11月17日 土曜日

上映作品上映内容
こぎつねのおくりもの お地蔵様に化けたらお団子がもらえることを覚えた三匹のこぎつねが、お供えをしてくれるおばあさんが落とした大切な写真を破ってしまいます。
 悲しむおばあさんがその写真を大切にしていた訳とは…。
アストロボーイ鉄腕アトム 世界ではロボットが、人間の手足となって活躍していた。アトムは心を持つロボットとして、お茶の水博士の手によって目覚めた。心を持つロボットの存在は、人間達の間に波紋を広げ、反対する人々から迫害を受ける事も…。アトムは、素晴らしい能力を使って、人々を危機から救うために活躍する。
 アトムの願いは一つ。それは「人間とロボットが友達でいられる世界を作る事」だった。


12月8日 土曜日

上映作品上映内容
サンタさんはおおいそがし また、クリスマスの日がやってきます。サンタさんと森の妖精たちは、世界中の子どもたちの為に、プレゼントの木を育てます。夏の暑い日も、冬の寒い日も、それはそれは大いそがし。さあプレゼントの木には大きな実がみのり、トナカイたちも元気いっぱい!
 ソリにたくさんプレゼントを積み込んで、さあ出発です。
クリスマスのおくりもの クリスマスにもらった新しい人形に心を奪われ、長いこと遊び相手として大切にしてきた人形を捨ててしまった女の子。捨てられた人形が自分の気持ちを分か
ってもらおうといろいろな方法でチャレンジする。
3丁目物語
「クリスマス・イブのなぞ
 3丁目にもクリスマスがやってきました。町には色とりどりの飾りがついて子どもたちはサンタからのプレゼントを心待ちにしています。
 たけしくんもタマにプレゼントがくるようにと、エントツのついたお家をつくってあげました。
 さて、クリスマス・イブの夜、空の星のきらめきの中にひとすじの不思議な光が…。
 ファンタスティックな一夜のはじまりです。


ページの上部に戻る

戻る