本文へジャンプ
トップページ倉敷市教育委員会トップページ文字サイズ変更
文字を拡大する文字を標準にもどす文字を縮小する
背景色変更

ライフパーク倉敷 埋蔵文化財センター


 トピックス(いろいろな話題)
 
矢掛町立中川小学校児童来館 9月25日
中川小学校見学風景矢掛町立中川小学校1年生から4年生の児童ほか計37人が来館してくれました。
考古学の質問に、中・低学年でも正解の回答ばかりで驚きました。

団体の見学については、事前にご連絡ください。

         (令和2年9月25日)


インターンシップ終了しました。
発表会の様子くらしき作陽大学2年生3人の5日間のインターンシップが終了しました。
最終日はそれぞれ考案した企画を発表してもらいました。
歴史探検ノート、SNSの活用、作って楽しめる工作プレゼントなど。
食文化学部の学生らしく、古代食のレシピも。

当館のヒントになりましたよ。
お疲れさまでした。

         (令和2年9月10日)


インターンシップ始まりました。
今日9月3日から10日まで、くらしき作陽大学2年生3人がインターンシップに来てくれています。
まずは製塩土器の洗浄作業。

大学生にとっても、当館にとっても、意義あるインターンシップにしたいと考えています。

             (令和2年9月3日)

 
 博物館でのお手本
玄関前を見たら、展示室からいったん館外に出て、飲み物を飲んでいる児童がいました。
大切に見学してくれてありがとうございます。

博物館や美術館などでは、展示室で飲食しない、静かに見学するなどのルールやマナーがあります。
子どもを見習って、私たち大人もしっかりしたいと思いました。

※ご家族の了承を得て掲載しています。

                 (令和2年7月12日)


御南まんまるこども園児来館 7月2日
御南まんまるこども園児の見学御南まんまるこども園(岡山市北区)5歳児25人が来館してくれました。
新型コロナウイルスの関係でパズルの数を減らしていますが、楽しんでもらえたでしょうか。

団体の見学については、事前にご連絡ください。

          (令和2年7月2日)


倉敷考古館で真備地区文化財展示 開催中~8月2日(日)まで
二万大塚古墳の世界平成30年西日本豪雨の被災地となった市内真備地区の復興の力となるように、倉敷考古館と岡山大学が連携して、当地区の文化財を展示した「二万大塚古墳の世界ー真備、下道の大豪族ー」を開催しています。
展示品の中には、当センターで修復した考古資料も含まれています。ぜひ見学ください。

入館料:一般500円、大高生400円、小中生300円

              (令和2年6月25日)


二福小3年生「地域探検隊」来館 6月18日・19日
ちいき探けんたいの資料毎年恒例の地元・倉敷市立第二福田小学校3年生の「ちいき探けんたい」が今年も来てくれました。
新型コロナウイルス対策として、全員マスク着用、1グループは20人という小編成で計120人でした。
コロナ禍が落ち着いたら、他の学校の皆さんもいっぱい見学に来てください。

          (令和2年6月19日)