本文へジャンプ
トップページ倉敷市教育委員会トップページ文字サイズ変更
文字を拡大する文字を標準にもどす文字を縮小する
背景色変更

倉敷市立倉敷翔南高等学校


    
平成30年度生徒会メンバー
                                                             

 創造・自立・共生  社会自立に向けて共に学ぶ 

 

 倉敷翔南高校のホームページをご覧いただきありがとうございます。            

 

 本校は平成15年に「総合学科」「単位制」「定時制(昼間部・夜間部)」を特色とする新しいタイプの学校として地域の熱い思いを受けて開校し、地域に結びついた学校として歩んでまいりました。


 本校がある児島地域は、今年度、本州と陸続きになって400年、児島地域が全国シェアNO.1を誇る学生服の生産が始まって100年、瀬戸大橋開通30年と、節目の年を迎えています。

本校では、毎年のべ300名以上の生徒が地域でのボランティア活動に参加しており、開校15周年の昨年度、ボランティア活動で着用するTシャツを作成しました。Tシャツは、児島地区の海をイメージしたインディゴブルーで、地元のデニム加工業者に協力していただき、生徒会メンバーが一枚一枚手で染めました。上の写真は、本年度の生徒会メンバーです。また、夜間部生徒が児島商工会議所と連携して『夜景マップ』を作成し、地元児島のPRを行いました。マップは商工会議所や観光案内所等に置いています。紹介する山陽新聞の記事をこのホームページに掲載していますので、ご覧ください。


 生徒たちは「総合学科」「単位制」「昼夜間二部定時制」ならではのシステムを活用して、それぞれの系列で、自分の興味・関心を基に将来を見通した学習を行っています。

 また、本校生徒の多くがアルバイト等を行っており、ボランティア活動も盛んです。ボランティアや就労、インターンシップは単位として認めることもできます。部活動も活発で、複数の部活動が毎年全国大会に出場しています。

 倉敷翔南高校での生活については学校案内パンフレット『SHONAN ~はじめよう、キミとボクのものがたり~』に紹介しています。学校案内は本校の卒業生がデザインしたものです。生徒たちの生き生きとした日々の高校生活の様子がわかります。このホームページの「学校紹介」の項目からご覧ください。

これからも総合学科・単位制・定時制の特色を生かし、すべての教職員が生徒に向き合い、寄り添い、対話しながら、生徒の多様な進路実現、自己実現を支援してまいります。保護者のみなさま、地域のみなさま、その他本校に関わるすべてのみなさまの温かいご支援とご協力をいただきますようお願い申し上げます。

 
平成30年 4月

倉敷市立倉敷翔南高等学校長  姫路 真由美