本文へジャンプ
トップページ倉敷市教育委員会トップページ文字サイズ変更
文字を拡大する文字を標準にもどす文字を縮小する
背景色変更

倉敷市立倉敷支援学校


校長室より



      

校長あいさつ


ごあいさつ                                                                                                
                            ~子どもたちの自立と社会参加をめざして~

倉敷市立倉敷支援学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

本校は、昭和39年4月に、中国地方で最初の知的障害の養護学校として開校し、今年度で54年目を迎えました。保護者の皆様をはじめ、地域の方々や関係諸機関の方々のご理解とご協力をいただき、教育活動を行うことができておりますことに、心から感謝申し上げます。

本校には、小学部、中学部、高等部があり、今年度は、240名の児童生徒が在籍しています。児童生徒は、勉強や行事等に一生懸命協力し合って取り組んでおり、その笑顔と頑張る姿に教職員一同、元気をもらっています。

本校の学校教育目標は,「一人一人を見つめ,自立と社会参加をめざし,たくましい生活力を育てる」です。
昨年、本校では。教職員全員で研修を行い、学校教育目標に掲げている「たくましい生活力」を身に付けた児童生徒の姿について話し合いました。
変化の著しい現在だからこそ、共通理解を図ることが必要であると考えたからです。
そして、今年度、「めざす児童生徒像」として、次の3つを掲げました。

【めざす児童生徒像】
 ・基本的生活習慣を身に付け、学びを生活に生かそうとする児童生徒
 ・自他を大切にし、人や社会に主体的にかかわろうとする児童生徒
 ・健康な体と明るく思いやりのある心をもつ児童生徒
 

これらの「めざす児童生徒像」に迫ることができるよう、これまで培ってきた特別支援教育に関する知見を基に、今年度も取り組んで参ります。

今年度も本校の教育の充実と発展のためにご支援、ご協力をお願いいたします。

       平成30年4月 
                      倉敷市立倉敷支援学校
                      校 長  西   千 秋
   

学校だより
(H30からは「きらりん通信」に名称変更)