本文へジャンプ
トップページ倉敷市教育委員会トップページ文字サイズ変更
文字を拡大する文字を標準にもどす文字を縮小する
背景色変更

倉敷市立琴浦北小学校

学校経営方針

本校のミッション、存在意義

 学校は夢に向かって努力する場である。夢や目標に向け、生涯にわたって学び続けるためには、意欲の持続が重要な鍵になる。
 そのために次の四つのことを考えた。
  ・自己存在感をもたせる  ・限りない愛をそそぐ
  ・感動体験を積ませる   ・目標に向かって挑戦させる

本校の学校経営ビジョン

 学校教育目標を「郷土を愛し、いきいきと学び、たくましい実践力をもった心豊かな子どもを育てる」と設定し、琴北小でしかできない教育を推進していく。
 小規模校のよさを生かし、学校がコミュニティーの役割を果たし、外部人材やメディアも積極的に取り込みながら、地域を巻き込むようなうねりをつくる。

具体的な学校経営目標・計画

①複式学級
 ・小規模のよさを最大限に生かしつつ、A・B年度2年間の計画や次学年への引き継ぎを確実に行っていく。
 ・教務主任を中心に、担任同士の複式指導の配慮事項の共通理解を図る。  
②他校との交流学習
 ・同世代の友達との交流が少ないので、琴浦東小、琴浦西小、琴浦南小との交流を図っていく。
③季節感を感じ、情操豊かな子ども
 ・由加の自然の中で育った子どもには、当たり前すぎでよさがわからないことが多い。自然豊かな故郷で暮らす
  幸せが感じられる子を育てる。
 ・音楽、図工、体育、絵手紙体験、生け花、米作り体験等を通して感性豊かな子どもを育てる。
④読書好きな子ども
 ・心豊かな子になるためには読書は欠かせない。学校図書館や巡回移動図書を活用し、想像力・空想力の旺盛な
  子を育てる。また新聞を読むことで、社会に関心をもつ子を育てる。
⑤あいさつのできる子ども
 ・いつでもどこでも自分からあいさつのできる子に育てる。
⑥言語活動の充実
 ・言語活動を通して、表現力や自己アピールする力を養う。日記や作文などでは、学校生活の充実や感動を味わわ
  せ、書きたい気持ちを喚起するようにする。
 ・行事や活動後の感想発表の場を積極的につくる。
⑦ふるさと由加を心から愛し、学校や地域を誇りとできるような活動や学習を継続する。