本文へジャンプ
倉敷市立図書館お問い合わせ 倉敷市立中央図書館〒710-0046倉敷市中央2丁目6-1電話086-425-6030
トップページ倉敷市教育委員会トップページ文字サイズ変更
文字を拡大する文字を標準にもどす文字を縮小する
背景色変更


第2回郷土の魅力発見! 図書館を使った調べる学習コンクールを開催します


 「郷土の魅力発見! 図書館を使った調べる学習コンクール」は、倉敷の文化、歴史、産業などについて図書館の資料を使って調べたり、地域の人に取材したりして、その結果を研究作品にまとめ、図書館へ応募するコンクールです。
 倉敷市では、2017年の第1回コンクールに続いて、2回目のコンクールを開催します。優秀な作品には賞状と副賞が贈呈されます。また応募者全員に参加賞があります。
 郷土に関して興味を持ったテーマについて調べた、あなたの作品をお待ちしています!

■「図書館を使った調べる学習コンクール」について

 「図書館を使った調べる学習コンクール」は、
より多くの人が、図書館を活用することによって生きる力を身につけ、それにより図書館が振興することを願い、公益財団法人図書館振興財団が1997年から実施しているコンクールです。
 →図書館振興財団の「図書館を使った調べる学習コンクール」はこちら(外部リンク)

■第2回 募集要項

応募できる人:倉敷市に住んでいるか、市内の学校に通っている小学生、中学生、高校生
     (グループでの応募は、グループの半数以上が倉敷市在住か在学のこと)
応募方法:「応募カード」に必要事項を記入し、各学校で取りまとめて中央図書館に提出
     (個人で直接市内各図書館に提出することもできます)
作品の形態:【サイズ】小学生…B4または八つ切りまで。中学生以上…A4まで
    
 (模造紙等でまとめる場合は、上記サイズに折りたたんで応募してください)
     
 【ページ数】1ページ以上、50ページ以内
     
(表紙、目次、参考文献一覧はページ数に含みません)
募集期間:2019年9月2日(月曜日)から9月29日(日曜日)までに必着
      ※ほかのコンクールと重複して応募することはできません
表彰式:2019年11月3日(日曜日・文化の日)
 →調べる学習応援講座一覧、応募カードの印刷はこちら
(PDF 1057KB)

■第1回 受賞作品
 

【優秀賞】 
・「ふじと ~ふるい町 じまんできる ふるさと!!」 
  藤村 悠季さん(倉敷市立天城小学校5年)
・「びっくり瀬戸大橋のひみつ」
  佐藤 杏梓さん(ノートルダム清心学園清心中学校1年)
【優良賞】
・「自転車の安全な乗り方」
  勝田 修平さん(倉敷市立旭丘小学校3年)
・「(うしとら)おんざき神社ってどんなところか調べたよ!」 
  岡 竜乃介さん(倉敷市立川辺小学校3年)
・「備中綿を知ろう!~玉島の歴史~」
  山瀬 瑞紀さん・森分 葵さん(倉敷市立乙島小学校5年)
・「源平合戦古戦場『藤戸の戦い』~海戦の証拠を探して~」
  田中 敦士さん(倉敷市立新田中学校1年)
【KCT倉敷ケーブルテレビ賞】
・「心に響け!下津井節~歌い継がれる魅力とそのルーツ~」
  向井 詩乃さん(倉敷市立味野中学校1年)
【玉島テレビ放送賞】
・「むかしあった養父が鼻海水浴場について」
  林 紘平さん(倉敷市立乙島小学校3年)
【FMくらしき賞】
・「阿智神社のひみつ」
  村山 優仁さん(倉敷市立東小学校4年)
【奨励賞】
・「ぶどうのひみつみつけたよ。」
  田中 悠翔さん(倉敷市立葦高小学校1年)
・「つばめのかんさつ」
  井川 快晴さん(倉敷市立川辺小学校3年)   
【学校賞】
・倉敷市立川辺小学校
・倉敷市立味野中学校
 ※学年は受賞時のもの

■調べる学習での4つのステップ

ステップ1:テーマを決めよう
・興味のあることについて、いろいろな本を読んでみると、その中から「これを調べよう!」と思えることが見つかるかもしれません。

ステップ2:どう調べたらいいかわからないときは、図書館に行ってみよう
・調べたいことについて書かれている本を、いろいろ読んでみると、調べる道すじが見えてくるかもしれません。
・図書館の人に相談すると、役立ちそうな本や、本以外の情報もみつかるかもしれません。

ステップ3:調べ進んで、いろいろな疑問や考えを持ったときは、まちの中に出てみよう
・図書館の本だけでは調べきれないことがあります。博物館や資料館で実物にふれたり、専門の資料などを見ると、ものの見方や考え方が広がります。
・身近な人へのインタビューやアンケート調査も有効です。専門家などに手紙を出すと、疑問にこたえてもらえるかもしれません。

ステップ4:作品をまとめよう
(1)なぜ、そのことを調べたいと思ったのか、理由を書きましょう
(2)何をどうやって調べていったのか、読む人に伝わるようにまとめましょう
(3)読む人に説明しやすいように、わかりやすく組み立てて、目次をつくりましょう
(4)どこで何を調べたか、参考文献を書きましょう
(5)調べてわかったことに対して、自分が思ったこと、考えたことを自分の言葉で書きましょう
(6)自分のテーマが伝わるようなタイトルをつけましょう

ステップ5:応募する
作品ができたら、学校か図書館に応募。あなたの作品をお待ちしています!